クララスティル 偽物

クララスティルに偽物は存在するのか?

クララスティルに関して、偽物が存在していると書いてあるサイトがあります(例えば、かなり強気な価格でクララスティルを販売してるサイトです)。

 

しかし、実際のところ、クララスティルの偽物は存在するのでしょうか?

 

偽薬の流通は比較的ニュースになりやすいので、もしクララスティルの偽物が押収されたりすると、事件として取り上げられ、ネット上にも情報が残っているはずです。

 

 

1時間ほどクララスティルの偽物に関して調べてみましたが、クララスティルの偽物が存在するという確たる証拠は見つかりませんでした。

 

現段階では、クララスティルの偽物が存在するというのは憶測や噂レベルの話と言えます。

 

ただし、状況的にクララスティルの偽物が存在する可能性は低いと思います。

 

偽物が存在する商品は、ブランドバッグや時計などを思い浮かべると分かる通り、値段が高い商品です。

 

医薬品だと、バイアグラなどのED治療薬は偽物が多いです。
(メーカーの調査によればネットで購入できるバイアグラの1/3が偽物であるという結果です)

 

バイアグラは1錠あたり1500円と、それなりに高価な薬です。
1ヶ月使うと(あまりそういう人はいないと思いますが)、数万円もします。

 

一方で、クララスティルですが、日本ではボッタクリ価格で販売している業者を除けば、1本3千円程度が相場です。
本場ヨーロッパでは10ユーロ程度(約1,200円)程度の価格で販売されているようです。

 

1本で2週間から1ヶ月使用できるので、1ヶ月使ってもせいぜい数千円という価格の商品です。
それほど高額とは言えませんし、ED治療薬に比べると市場規模も小さいことを考えると、偽物を作るメリットがあまりないと思います。

 

さらに、クララスティルのジェネリックであるシーナックですが、クララスティルより実質半額なので、偽物を作るメリットは更に小さく偽物が存在する可能性はかなり低いと言えます。

 

かといって、絶対に偽物が存在しないという証拠にはならないのですが、クララスティルやシーナックに関してはあまり偽物を気にする必要はないと個人的には思います。

→クララスティルの詳細・口コミはこちら