クララスティル 最安値

クララスティルをボッタクリ価格で購入しないために、最安値のお店を探しました!

クララスティルとは?

 

Nアセテルカルノシンを有効成分とする白内障の目薬
人間・犬の共用の目薬
臨床試験の結果、90%の患者に視力の回復があったとされる
日本では認可されておらず、入手には通販が一般的

 

クララスティルの最安値はココ。ボッタクリ価格に注意!

白内障の治療薬であるクララスティルですが、海外では認可されているものの、日本ではまだ認可されていません。
なので、病院や薬局で処方してもらうことはできません。
また、クララスティルは人間だけでなく犬にも使用しますが、動物病院でも処方されることはありません。

 

日本においてクララスティルを購入しようとすると通販(個人輸入)しかありません。

 

現在、クララスティルを取り扱うお店はいくつかあります。
しかし、価格はバラバラです。

 

クララスティル1本の価格

A社:6,400円(2本で12,800円)
B社:4,900円
C社:3,000円
オランダ屋:2,930円

 

調べてみると、最安値のお店と最高値のお店は倍以上価格が違います。最高値のお店は正直ボッタクリ価格だと思います。
クララスティルは長期間使用することの多い目薬なので、価格にはこだわりたいですね。

 

最安値はオランダ屋でしたが、他にも、オオサカ堂などのお店も同価格でした。
(なお、オランダ屋とオオサカ堂は運営会社が同じなので、同価格・同サービスですが、オオサカ堂のHPは時折不安定になるのでオランダ屋の方がおすすめです)

 

→クララスティルの詳細・口コミはこちら

 

クララスティルの口コミ

クララスティルは人気商品なのでネットの口コミも豊富です。
ネットの口コミを見る限り、クララスティルを自分で使用する人が半分、ペットの犬に使用する人がもう半分ぐらいの割合です。
ここでは、使用者が人間の場合と、犬の場合の口コミを分けて紹介します。
※表現は一部変更しています。

 

<人間>

●手術が怖いので使っていますが、徐々に見えるようになってきました。

 

●軽い白内障になったので使っていますが、少し効果はあると思います。

 

●使い始めて1ヶ月ですが、まだ効果を感じません。

 

●2ヶ月ほど使っていますが、見え方が良くなってきました。

 

●はっきり効果は分かりませんが、進行は止まっていると思います。

 

●白内障ではありませんが、予防のために使っています。

 

●ドライアイ対策のために使っていますが、だいぶ良くなりました。

 

<犬>

●白内障の進行が止まっているようなのでこれからも使い続けます。

 

●3ヶ月ぐらいで効果がわかってきました。

 

●愛犬が高齢で手術が不可能なので使っていますが、少し目が黒くなってきました。

 

●効果があるのかないのかよく分かりません。

 

<コメント>
人間・犬ともに、劇的な効果を感じた、という口コミはあまり見られませんでした。
臨床試験では90%の症例で効果があったとされますが、どちらかといえば長期間使用して、いくらか効果を感じたという口コミが多い印象を受けました。

 

白内障の治療というよりは、病期の進行を遅らせたり、予防するためという感覚で使用する人も多いようです。

 

また、ドライアイ対策として使用している人も少なくはないようで、効果に関しては概ね満足度は高いようです。

 

なお、副作用に関する口コミはほとんど見られなかったので、試しに使ってみるのもリスクが少ないのでいいと思います。

→クララスティルの詳細・口コミはこちら

 

それでもクララスティルは高い!という人にはジェネリックのC-NACがおすすめ!

オランダ屋のクララスティルはかなり安いと思いますが、それでも高い!と感じる人もいると思います。

 

そんな人には同成分(N?アセチルカルノシン)のジェネリック薬「C-NAC(シーナック)」がおすすめです。
(こちらも人間と犬の両方が使用可能です)

 

価格はクララスティルと同程度ですが、容量が10mlとクララスティルの2倍なので、実質半額です。

 

クララスティル1本5ml:2,930円
C-NAC(シーナック)10ml:2,872円

※価格は日々変動します。

 

C-NAC(シーナック)はインドの大手製薬メーカーIntas Pharmaceuticals社が製造しています。

 

もし、インド製ということが気にならないなら、C-NAC(シーナック)も検討してみてはどうでしょうか?

→シーナックの詳細・口コミはこちら

 

実際にクララスティルを購入してみました

私は現在白内障ではありませんがドライアイがヒドいので、クララスティルを試してみることにしました。ドライアイは白内障にも深い関係があるので、白内障の予防という意味でもクララスティルは有効だと思っています。

 

クララスティルは最安値であるオランダ屋で購入しました。
オランダ屋ではルミガンなどの目薬を購入したことが何度かあるので、5分ぐらいで注文は完了しました。

 

1週間後、シンガポールから小箱が届きました。郵便局から届きます。

中身はこんな感じです。

 

早速使ってみましたが、目はスッキリ。ドライアイにも効果を感じました。

 

副作用ですが、特に感じないので、これからも継続して使ってみようと思います。

 

クララスティル・シーナック使用体験談

クララスティルやシーナックを実際に使用した方に話を伺いました。

クララスティルを数ヶ月使用したら効果を実感しました(40代/男性)

私は40代の頃から私は目に違和感を感じていました。50代になっても違和感が消えなかったことから目の専門病院へ出かけました。
この違和感の正体を知るためでした。症状は目がかすむことやぼやけること、見ているものが二重や三重に見えたり、光がまぶしいことも時々ありました。

 

検査を行って白内障だと分かりましたが、先生に聞くと失明につながる危険性を秘めた目の病気であり、状態が進むと良好な状態に導くことが困難な病気だと理解できました。私は幸いにも白内障の状態は深くはありませんでしたが、手術に関する相談も行いました。
その際に提示された大まかな費用が高額だったので、いきなりの決断はせずにしばらくの間は考えてみることにしました。手術以外の治療方法を探している時に目薬による治療や予防が可能なことがわかりました。

 

目薬による使用方法は手軽な費用から可能ですが継続的に利用する必要がありました。最終的に高額な手術の治療方法はやめて、目薬に救いを求めることを決断しました。
この時に見つけたのがクララスティルでした。クララスティルは犬の白内障にも効果が得られる目薬ですが人にも利用ができる点が魅力だと感じられました。欧米の商品であって少し不安なところがありましたが、試しに1本を購入して感触を探ることにしました。

 

毎日2度ずつで点眼していきましたが、2週間ほどで使い切ってしまいました。副作用はなく、もうしばらく継続的に利用してみようと思いまとめ買いを検討することになりました。最初に購入した時はインターネットの販売サイトで1本2900円台でしたが、長期間の継続利用を考えて6本11000円の購入をしました。

 

2度目のまとめ買いも3ヵ月後に行い、トータル13本を購入しました。クララスティルを10本ほど使い終わる頃に約半年が経過していました。久しぶりに鏡で自分の目を確認してみると、白ずんでいた目の水晶体がだんだんと黒くなっていたのが感じられました。目の違和感も減少していき、目のかすみやぼやけなどの症状の改善効果を実感できました。
クララスティルは、最低でも数ヶ月以上の点眼を継続的に利用していくことで、予防や改善の効果につなげられました。今後もしばらくの期間は継続して利用していくことを考えています。

効果は感じましたが、高いです(40代/女性)

43歳の時に突然、夜間の運転中に前から来る車のライトが眩しいと感じたり、昼間自宅で洗濯物のを干していて、凄く眩しいと感じる様になりました。
それまでは目の病気も一度もした事がなくて、視力も1.2くらいはありました。

 

しかし、もう40歳も過ぎたし、運転中はメガネがいるのかな?と、思う様になりまして、気軽な気持ちで街のメガネ屋さんへ行きました。視力検査等をしていると、店員さんから急に、「眼科を受診された方が良いかも知れません」と言われたのです。一瞬怖くなりましたが、その足で自宅近くの眼科へ行きました。

 

メガネ屋さんで言われた子と言葉と、最近やけに眩しくなった事を告げてすぐに検査をしてもらいました。
そして先生から言われた言葉は、白内障だったのです。私は耳を疑い二度聞いてしまいました。

 

私はアトピー症状が出ることがあったのですが、医師曰くアレルギー性の急性白内障だと言われました。
そして医師からは手術をしないと回復は出来ないと言われて、物凄くショックを受けました。

 

しかも、その病院では手術は3ヶ月先まで出来ないと言われて、決断が遅くなればより手術が遅れると言われました。家族とも相談したいと先生に話して、翌週まで待ってもらいました。

 

自宅に帰ってからはとにかく白内障について調べまくりました。
その時に見つけたのが、ロシアのマーク・バビザエフ博士という人が開発したクララスティルという目薬でした。クララスティルを使用して白内障の症状が改善した人や症状を遅らせた方が多数いる事がわかり、副作用も無いに等しいという事も分ったので、夫に相談後にとりあえず2本セットを購入しました。金額はネット購入で12800円でした。ちょっと高いと思いました。

 

藁にもすがる気持ちで、クララスティルを朝晩2滴ずつ点眼しました。点眼が2滴目は1滴目から少し時間を置くので、朝は少し大変でしたが、とりあえず続けました。

 

しかし、家族の勧めてで手術を受けた方が良いと言われて、それから3ヶ月後に左の目の手術をして、翌年に右目も同じ症状になっていまい、1年後に右目を手術をしました。

 

クララスティルは合計半年間くらい使用しましたが、目の疲れを和らいだり、目のぼやけには効果があったと感じます。私は手術をするまでの期間に使用しましたが、それなりの御値段の点眼薬だけあり、効果もそれなりにあったと感じています。

8歳の愛犬にシーナックを継続利用した体験(40代/男性)

愛犬が8歳になってきた頃、目の異常を感じて動物病院へ出かけたときに初めて犬の白内障のことを知りました。すぐに治療したいと考えていましたが、さまざまな情報収集を行ってから決断することが必要だと考えていました。

 

犬も白内障が進行すると目が見えなくなっていき、不便な気持ちや精神的な不安定に陥って元気をなくしていく可能性があることがわかりました。白内障のことがあってから愛犬の面倒を最後まで見るのが飼い主の役目だと改めて思い起こさせてくれました。

 

最初は手術を考えており、専門の治療が可能なお医者さんに相談に出かけました。うちの愛犬の場合は高齢であり、手術に失敗すると命を残す可能性や高額な費用の現状を聞かされて、手術は諦めることにしました。その際にお医者さんから薬による治療方法があることを聞かされていたため、治療できる点眼薬を探すことにしました。

 

白内障は放っておいても状態がよくならないことが基本であり、これ以上の状態悪化を避けるのが点眼薬だと分かりました。治療できる方法を模索した際に目薬のシーナック(C-NAC)を見つけました。最初は1本を2900円ほどで購入してみました。

 

1ヶ月が過ぎる前に使い終えたため、2度目の購入はまとめて購入することになりました。1本あたりの単価を安く購入したいと考えていたため、6本を9200円ほどでまとめて購入ができた際はお得感がありました。

 

白内障の治療には1日2度の両目の点眼が必要だとわかり、最低でも6ヶ月以上の継続した治療が求められました。人間が犬の状態を見ている限りでは副作用はなく、5ヶ月ほどが経過した時期から犬の状態に変化が生まれてきました。

 

5ヶ月の継続した頃には白い眼の印象が消えていき、以前よりも犬が活発な行動をすることが多くなったと感じられました。継続して6ヶ月が経過した頃に白内障の状態を把握するために専門の病院へ出かけました。検査で分かりましたが、犬の白内障の状態が改善しつつあるとのことでした。今後も白内障の予防を含めてシーナックの使用していこうと考えています。
白内障の状態が深くはなかったので改善のつなげられたと感じています。犬の元気な雰囲気が感じられるだけでも使用した価値がありました。

白内障になってしまった14歳の愛犬にシーナックを点眼していました20代/女性)

家で飼っていた愛犬のトイプードルが14歳になった頃、目の水晶体が濁ってきていることに気がつきました。加齢によるもので仕方がないと思っていたのですが、徐々に濁りがひどくなり始めました。家の中でいる時も、歩いていてタンスに顔をぶつけたり、ソファに飛び登る際にソファの手すりに顔をぶつけたりと、ものにぶつかることが多くなってしまいました。そこで、異変を感じ、動物病院に連れて行き、先生から白内障であるという診断を受けました。

 

白内障の治療としては、治すためには手術しかないといわれましたが、愛犬は高齢のため体力的に手術は難しいとも言われ、効果がみられるかはわからないが、シーナックという点眼薬をさす方法もあると勧めていただきました。ただ、白内障の治療薬として有効な薬とは言い切れなく、あくまで気休め程度のものだとも言われました。シーナックは酸化防止剤としての効果が高く、ドライアイも防いでくれるジェネリックのお薬で、白内障の予防にも使われているお薬だと言うことです。今後白内障が進行すれば失明する可能性もあるとのことで、今できることは何でもしてあげたいと思いシーナックを点眼することにしました。

 

費用は動物病院で出してもらいましたが、3mlで3500円でした。この点眼薬は1ヶ月で使い切ることと、最初の6ヶ月は1日朝夜2回を両目に1滴ずつ、その後は1日1回両目に1滴ずつさすという使い方です。

 

副作用としては、痒みがでる可能性と、まれにぶどう膜炎を引き起こすことがあるとのことでしたが、家の愛犬は特に副作用はありませんでした。

 

愛犬に目薬をさすのは初めてで最初は愛犬が嫌がって目薬をさすのが大変でした。そのうちお薬の入れ物をみるだけで小屋に逃げてしまい出てこなくなってしまったので、慣れるまでは試行錯誤の日々でした。おやつで気を引いて、夢中になっている時にさっと犬のマズルをつかみ、目に点眼する方法でを実行して、半年ほどでようやくうまく点眼してあげられるようになりました。

 

そして、シーナックの効果ですが、やはり劇的な白内障の改善はみられませんでした。一度濁った目は、元には戻りませんでしたが、目薬を打つ前よりは随分進行は遅くなったような気はします。最終的に死ぬまでの2年間ほどシーナックを打っていましたが、最後まで失明することはなかったので、最期まで少しでも視界があったのならばそれは良かったと感じています。

 

→クララスティルの詳細・口コミはこちら

 

→シーナックの詳細・口コミはこちら